<< 政局になった普天間 | main | 鳩山首相の「腹案」 >>
首を取る
バッシングでトップを辞任に追い込む政局記者の破たん
スクープどころか、続投報道した間抜け記者も退場したらどうか

 首を取る、というマスコミ用語がある。政治部や社会部の事件で大会社や政界の不祥事を暴いて、トップを辞任に追い込むことをいう。
 今回の鳩山退陣劇でも、首を取ったと豪語する政局記者が各社にゴマンといるだろう。しかし当日の新聞の朝刊では、鳩山続投を報じ、テレビも同じことを言っていたが、突然、速報で鳩山辞意を流した。
 その後、マスコミは大混乱に堕ちいたことは周知の事実だ。要するに、鳩山首相の首を取るために虎視眈々とスクープを狙っていた政局記者たちは、見事に裏をかかれたことになる。
 前夜の会談で、鳩山首相が記者団に親指をたてて見せたことが、続投のしるしだとか、その仕草を見た民主党の幹部が激怒したとか、テレ朝ニュースステーションで話していたTコメンテーターがいたが、間違い情報しか入手できない無能な政局記者なのであろう。政局記者でもTが有能なら、退陣劇をスクープしているはずだ。
 視聴者を欺き、いらざる誤解を与えるこんな政局記者は、鳩山退陣に合わせて、テレビの表舞台から退場すべきである。それが視聴者国民の利益になる。

 日本には政治ジャーナリストは存在せず、不勉強な政局記者がいるのみだ、と先輩の政治記者の石川真澄氏に聞いたことがあるが、その通りだ。
 政局記者は首相や要人の動向だけ取材し、不祥事を探し出して針小棒大に書き、首を取るのが仕事である。与党中心の矮小な政治の流れしか見ない。
 今回、鳩山首相の首を取り、日本政治を混迷の極みに陥らせたのは、政局記者たちの活躍を抜きに語ることはできない。彼らには、国際的な視野がないだけでなく、日本の国の近未来への想像力もない。小さな目の前の現実にしがみついているだけだ。

 政局記者たちの”首取り物語”も時を経て古びてくるとバカバカしく、子供でも聞く耳を持たない程度の次元の低い自己満足話になってしまう。

 そもそも政治ジャーナリストは政治家とは距離を置きながら、歴史の資料を調べ、内外のたくさんの関係者を取材して、日本の政治の在り方や未来の姿を客観的に描き出す。あるべき日本の政治の姿を提言する。
 普天間移設と米国の意思との関係をどうするのか、という長期の展望まで取材して、国民に提示する。日本だけでなく米国にも幅広い人脈を持つ必要がある。
 残念ながら、いまの日本マスコミの政治部記者は単なる政局記者なので、取材現場を離れると何も知らないただの人間になる。
 これに比べ、米国の政治記者の多くは政治ジャーナリストである。政治学者と政治ジャーナリストは同じ土俵で仕事をしている。昔、ウオーターゲート事件のスクープで米国大統領の首を取ったウッドワード記者などは、現場を離れて何十年たって今でも、息の長い政治ジャーナリストとしての執筆活動を続けている。
 
 連日、あることないことをのバッシング報道を続けて、ターゲットの首を取った記者は、短期的には敏腕記者として社内の地位は安定し、手柄話をの内職でサイドビジネスの原稿料を稼ぐことができる。
 しかしただそれだけの話である。今回の鳩山政権の崩壊を演出したのは、マスコミの首相へのバッシングと、週替わりで実施された政局記者たちの怪しげな世論調査報道だった。あの種の世論調査は誘導的な要素が強く、質問項目そのものに、鳩山政権に不利な結果が出るように仕組まれている。 
 支持率20%という場合でも、もっと厳密な質問項目を立てれば、本当は倍の40%くらいにはなるはずだ。
 沖縄の民意を損ねたことは、時間をかけて修復しなければならないが、もともと普天間移設や沖縄に無関心だった本土国民にとって、本当に鳩山氏が退陣する必要があったのか、大いに疑問視している。 
 政局記者たちも同じように、普天間や沖縄には無関心で無知なくせに、普天間をトップの首取りのために使ったのではないか。政局記者たちは自民党時代からこんなことを性懲りもなく続けている。
| - | 12:27 | - | - |