<< 菅さんのカン違い | main | 白鵬の指摘、国技を廃止する大相撲 >>
国技という冠をはずせ
大相撲をめぐる醜い利権争いと力士の追放劇
批判するマスコミも同じ体質ではないのか

 日本のことにほとんど関心のない海外メディアが、大相撲の野球賭博スキャンダルを大きく報道している。
 外国人は、相撲、歌舞伎、芸者が大好きだ。これが日本文化の本質だという自称・日本通にもたくさん出会ったものだ。日本にはまだ切腹や仇討があるのか、と真顔で聞く外人もいた。
 いや、日本はあなたがたと同様、民主主義の先進国なんだ、と説明すると腑に落ちない表情をしたりする。
 
 今回の大相撲スキャンダルは、外人の日本幻想を増幅させた効果があるだろう。非論理的で感情的な国民性、裏と表の区別がつかない前近代性、後進性、、。
 しかも国技、と日本人は豪語するけれど、よく調べて見ると、外人力士の数がやたらと多い。第一、トップの横綱はモンゴル人だし、最近、素行不良を理由に追放されたもう一人の横綱も、モンゴル人だった。
 やっと大関になった血統書付の純日本人力士も、今回の賭博容疑であえなく角界を追放になった。
 いったい、国技・相撲って何だったんだ? 新弟子検査ではたった一人しか日本人若者の応募はなかったという。
 日本の国技を支えるために、後進国のハングリーな若者をリクルートしなければ相撲は成り立たないし、せっかく育った日本人力士も賭博などやって角界を追われる。
 一連の事態は、国技・相撲の消滅の危機にほかならない。しかし、危機の深刻さにまだ気づいていないのが、監督官庁の文科省、横綱審議会や相撲協会のお偉方のようだ。
 相撲は土俵に金が降って来るドル箱興行だから、おいそれとおいしい利権を手放したくはないのだろうが、カラクリは見え見えになり、海外メディアにも冷やかされるほどの体たらくになってしまっている。
 本来なら、最もこの問題を深刻に受け止めて、ジャーナリスム精神を発揮して批判すべき公共放送までもが、相撲の実況放送にこだわっている。
 相撲を国技からはずすかどうか、の瀬戸際にあるというのに、このぬるい日本の指導者たちの対応はどうなっているんだろう。

 このままだと、日本はイタリア並みのマフィアの支配する国という先入観を国際社会に植えつけてしまうだろう。
| - | 11:23 | - | - |