CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
<< 拉致はトップの指令だった | main | 世界遺産になったビキニ環礁 >>
国家の合併と18世紀型民族国家の破たん
ギリシャの破たんはEUに守られているという現実を見よ
日本がギリシャ化する前に、アメリカ連邦国家に吸収合併されるだろう

 
 日本の破たんとギリシャ化が魔法の呪文のように唱えられ、消費税アップが既定事実として進行している。とはいえ、ギリシャという国はいまだに消滅はしていない。
 なぜかというに、ギリシャという民族国家は、その上位概念であるEUという国家の共同体に守られているからである。
 金と人、モノが民族国家の狭い国境間をせわしく行きかうグローバリゼーションの時代。EUは共同通貨ユーロを創出し、EU間の往来にはパスポート・コントロールも廃止している。
 EUは民族国家ではなく、人工の国家共同体であるが、21世紀のグローバリゼーションに対応して作られ政治、経済の共同体だ。
 民族国家は残したままそれより上位の共同体を創出した理由は、経済の安定と政治的安定のためだ。つまり一国が破たんしてもより大きなレベルで相互互助システムが作動し、国家間の戦争もなくなる。少なくとも、EUの国の間では、経済破綻も戦争も起こらないシステムである。


 日本がギリシャ化することを最も恐れているのは、政治家や霞が関官僚、経済界、マスコミだ。しかし普通の庶民はギリシャ化する前になんとかなるだろうと思っている。これ以上の税負担や消費税値上げには反対なのだ。
 民主党が参院選で大敗北を喫した最大の原因は、選挙直前の菅首相の諸費税値上げ発言にあることは間違いない。政治と金のスキャンダルは道義的には問題だが、庶民は自分の懐が痛むことではないので、テレビのワイドショーで騒ぐほどには問題視していない。
 
 日本がギリシャ化するというなら、まずは税金を湯水のように使ってきた日本型の支配構造の革命を断行したらどうか、と普通の国民は考えている。
 いまのところ、日本人が自国の国債を買って政府の負債を支えているのだから、国の借金といっても自国内で金は回っていることになる。福祉の破たんというが、結局、国民が税金を払い国債を買って福祉を支えているのだ。
 
 それはさておき、もし本当に日本が外国の借金に依存するようになり、ギリシャ化したらどうなるか。
 日本破たんで最も困るのはアメリカだ。アメリカは日本経済に大きく依存しているだけでなく、日米同盟を基軸とする世界の軍事戦略の一翼を失う。
 かつて日本の銀行にビッグバンと情報開示を要求したのは、隠されていた不良債権の山を発見したペンタゴンであった、といわれる。以降、日本の銀行の吸収合併の大規模なドラマが始まった。
 
 日本はギリシャ化したくてもできない、という事情はアメリカの都合による。いま、米国議会には普天間移設の慎重論だけでなく、日本の軍事費増や在日米軍への予算を増やせという要求が出てきている。
 日本の財政破たんを考量すれば要求しがたいことのようだが、おそらく、米国は問題を楽観視しているのだろう。

 日本がギリシャ化したら、米国が手を差し伸べるはずだ。おそらくギリシャにおけるEUの役割を米国が果たすだろう。
 その場合、戦後の日米関係の従属性を考えると、EU下のギリシャのような平等の救済でなく、米連邦への吸収合併という構図が最も考えられる。
 ハワイ州に次ぐ第51番目の米州ということだ。ハワイ州庁舎には星条旗とハワイ旗が並び立っているから、そうなれば霞が関の政府庁舎には星条旗と日の丸が並んでたつことになる。

 戦後、天皇は象徴としての天皇になり、政治的な権力は失っているから、日本の民族国家の象徴としての天皇制は残る。

 米国に吸収合併されて権力を失うのは、与党政治家、霞が関官僚、経済界の実力者、マスコミの鉄の四角形の恩恵と利権を享受してきた人々だ。
 普通の国民は日本民族であることを否定はされないし、居住の自由や伝統文化も守られるからさほどのダメージはうけないだろう。
 問題は日本人が米国型格差競争社会に順応できるかどうかだが、むしろ米国民としての法的権利を保障されることになるから、教育の機会平等など日本よりも優れた福祉の恩恵をうけることもできる。

 ハワイの人々が米国に併合されたことを悔んでいるかというと、そうではない。ハワイの伝統文化はそのまま残り、ハワイ州から有力な政治家も輩出して米国に貢献しているので、ほとんどのハワイ人は良かった、と考えている。
 オバマ大統領もハワイ出身である。普天間移設問題に限らず、日米同盟にまつわる安全保障を米国に依存している日本としては、国民の頭越しの政府間交渉でなく、直接、米国議会に代表を送って日本のメッセージを伝えるほうがはるかに効果がある。
 
 ギリシャ化と消費税アップ、日本財政の破たんの暗い論議から、もう一つの選択肢が見えてくる。いずれにせよ、日本が単一島国民族国家に固執する政治、経済、安全保障の枠組みから離脱する道を考えるしか、未来はない。
| - | 11:25 | - | - |