<< 八ヶ岳の森の中でビートルズを聴く | main | 小沢か菅かではなく救国内閣を作る必要あり >>
小沢氏の出馬とメディアの敗北
 なぜマスコミは驚天動地するのか
 分析なしの思い込みと希望的観測で事態を読めなかった確信犯のメディア

 小沢一郎氏が民主党代表選への出馬を、突然、正式表明した。メディア各社は驚天動地の大慌て。テレビワイドショーは、小沢氏の出馬の可能性をコメンテーターがあれこれ憶測し、おおむね否定的なコメントをしているさなかに、小沢出馬のテロップが流れた。
 あまりに突然だったので、番組を急きょ、組み替えることもできず、なんとも間が抜けた番組展開が続いていた。戦争が始まったのに、戦争は起こるか、という類の”真珠湾奇襲”を思わせる出来事であった。

 小沢氏を叩き続けてきたメディアの敗北、というべきだ。なぜなら、小沢氏を叩くマスコミの手法は、およそ政治報道のレベルにはなく、芸能人の不祥事並みの質の悪いポピュリズム(大衆迎合)にすぎなかったからだ。

 これまで新聞もテレビも小沢氏の出馬には否定的で、仮に出馬したとしても世論が許さない、という横並びの論調ばかり目立った。いつもそうだが、政治コメンテーターほど当てにならない、間違った判断を繰り返す人種は世の中にいない。いったい、毎日、何を取材して歩いているんだろうか。あるいは、取材もせずに自分の小さなアタマの中の思い込みだけで話を組み立て、間違ったコメントを垂れ流しているんだろうか。報じるテレビは間違っていることを知りながら、あえて視聴者を欺く確信犯のメディアなのか。
 いずれにせよ、小沢氏を叩くメディアの図式は貧弱極まりないものだったし、もう少しましな調査報道はできないのか。疑問はつきなかった。

 小沢出馬にメディアが否定的だった理由は、日本国民ならだれでも知っている「政治と金のスキャンダル」と「検察審議会の強制起訴」の可能性の問題だ。さらに、これにまつわるマスコミの世論調査で、世論のほとんどが小沢出馬に否定的、という図式的根拠である。

 こうして繰り返されてきた小沢氏へのネガティブキャンペーンは、そもそもメディアの報道から始まっている。秘書まで逮捕された政治と金の話は、実は多くの国民に事実関係はよくわからない。しかし連日繰り返され単純な図式的ニュースの刷り込み効果で、国民は小沢氏がダーティであるとイメージを受け入れ、そう思い込んだ。
 筆者は小沢氏を弁護するつもりは全くないが、それでも小沢氏がどのような政治犯罪を行ったのか、明確には理解していない。新聞記事で読めば読むほどわからなくなる。その繰り返しだった。

 また検察審議会という組織の実態がつかめない。誰がどのようにして検事を選び裁判を実行するのか、イメージがさらにつかめない。審議を素人が担当するというので、これが国政を左右する大事件だと国家の運命を左右しかねない検察ファッショを生む危険がある。市民目線ではそう考える。

 メディア学の賢者マクルーハンもいうように、テレビは新聞のように事実関係を正確に踏査できるメディアではない。新聞の尻馬に乗って小沢氏極悪人のイメージを作って思い切りバッシングしてきた。
 そういうテレビの洗脳効果をベースに小沢氏をどう思うか、と世論調査をすれば、ほとんどの人がネガティブな回答をすることは当然なのである。

 以上のように分析すると、マスコミが使った「政治と金」「世論調査」という伝家の宝刀は、実は錆びついた宝刀にすぎない。

 政治と力、金と陰謀の問題については、マキアヴェリの『君主論』などの古典的名著に詳しい。いくら文明が進歩し、新しい技術が起ころうとも、人間の精神は進歩しない。せいぜい、よりよく生きるという心構えが、人間精神の進歩なのであろう。
 政治も同様である。民主主義が本当に私たちの国にかなった政治システムかどうかはわからないが、とりあえずこれを選択しているだけである。
 その意味で言えば、「政治は力である」というマキアヴェリの政治思想の本質は現代でもさほど変化してはいない。

 読売新聞主筆の渡辺恒雄氏の『君命も受けざる所あり――私の履歴書』の中に、55年体制下の永田町で、現ナマが飛び交う風景が出て来る。日本の政治風土の原点を思わせる描写である。
 この政治風土から日本の現代政治は本当に決別しているかどうかの詳細な検証抜きに、小沢氏だけを叩くのは、メディアの党派的な運動にすぎす、当を得てはいない。
 第一、メディアの膝元の官房機密費がどの記者に流れたかの検証すら行われていないことを、メディアは肝に銘じるべきだ。
| - | 18:36 | - | - |