<< テレビが死ぬ日 | main | 世界遺産としてのビキニ環礁と日本の立場 >>
マスコミは政治テロリストか

政治の正常化よりマスコミ正常化が先だ!

  3.11から半年、時間は止まったまま

 3.11から半年になる。政治の混乱で被災地は放置され、原発事故は悪化しているのか、収束に向かっているのかすら分からなくなってきた。
 外国の大使館が家族を遠隔地に移動させたとか、チャーター機を飛ばしてきている等の情報があると、すわ!水蒸気爆発か何かあるのか、と不安を募らせて勘繰るのだ。
 テレビは特集を組んで相変わらずの大津波映像を繰り返し流し続けている。米国の9.11の時は、ツインタワーが崩壊する映像は被災者のトラウマを助長するので、すぐにテレビ局は使うのを中止した。
 日本のテレビはそういう点は全くの無神経だ。
 
 半年後、どれだけ被災地が変わったかというと、仮説のスーパーができたとか、瓦礫の量が減ってきたとか、道路が通行できるようになったとか、震災後10日目というならわかるが、半年後の成果というにしては、復興どころか被災者の日常生活すら正常に営まれてはいないことがわかる。  

 復興には金がいる、というので政治家も政府も財源の話ばかり議論し、復興税だ、消費税だと騒ぎ、会議や委員会が林立し、マスコミも増税世論を駆り立てている。地方は地方で国のカネが回らないと何もできない、と悲鳴をあげる。会議と企画、プロジェクトで仕事をした気分になっている。そういう官僚文化が横行しているが、実は何もしていない。
 原発事故は手の施しようもなく、外国政府は息をのんで見守っているようだ。もしもの事態が起こって、福島の4号機あたりが水蒸気爆発でも起こせば、チエルノブイリをはるかに上回る大量の放射能が地球上に放出される。
 そうなれば3000万首都圏の人々もどこかに逃げなければならない。
 現状でも広島原爆の168発分にあたる放射能が外に出ている。大気汚染、海洋汚染、土地汚染はそんなに軽度なレベルではない。住民の被曝は避けられない。

 にもかかわらず、脱原発、自然エネルギーを主張して浜岡原発を止めた菅総理が、与野党連合、官僚、マスコミの総意で引きづり降ろされた。
 菅さんの最初の政策には問題があった。原発事故に際して放射能の飛び散る方向予測のSPEEDIの公開をしなかったこと、メルトダウンの予想がありながら、国民に知らせなかった等は、大きな失政だ。
 片腕の枝野官房長官は「ただちに健康に影響はない」を繰り返し続けた。

 それはおいても菅さんが脱原発、再生エネルギーを主張し始めたとたん、上記のような失脚の羽目に陥ったのだ。

 失脚した菅首相の後を襲った野田首相は、一見、原発推進派に見えたが、経産相に鉢呂氏を起用した。その鉢呂氏は、就任早々に脱原発を明言した。

 その鉢呂氏は就任9日にして、わけのわからない新聞記者との私的記者会見のやり取りで、子供の喧嘩のような内容のない失言とかで、大臣を辞任した。というより首になった。

 辞任の記者会見の様子をUストリームで見たが、ヤクザもどきの言葉遣いで鉢呂氏に詰め寄る記者の言葉は驚くべきものだった。
 「説明しろ、てんだよお」と怒鳴っているのだ。何を説明していいのか、怒鳴られたほうはわからないだろう。

 この手の記者に脅されて失言の言質を取られ、新聞に書かれて、むざむざ生首を取られたのであろう。

 長年、新聞記者をしていたが、あれほど酷い記者会見は見たことはない。荒れる記者会見はあったが、だいたいは会見する側が声を荒げたものだ。

 あれは件の記者が一人でやったものだろうか、と考えるともっと裏があると感じる。
 鉢呂氏辞任の記事は大新聞もNHKも民放テレビも、ほぼ同じこと書いていたからだ。伝言ゲームのように少しづつ失言内容は違っていたが、口合わせは出来ている。

 やはり菅さんのときと同様に、鉢呂氏は原子力村に追い落とされたのだろう。そう考えるほうが自然だ。その先兵になったのが経産省記者クラブの面々だと、多くの脱原発派の識者が分析している。記者も原子力村に居れば利権にもかかわる。

 それで鉢呂降ろしの筋書きは理解したが、いくら原子力村の利権がからんでいても、政権交代したばかりの内閣の足を、こんな瑣末な「言葉狩り」で引っ張ってもいいのだろうか。

 早速、ウオール・ストリート・ジャーナル電子版は、「こうした繰り返しで日本の政治能力はますます弱体化し日本の国益を損なうだろう」と書いている。

 原子力村の政財官学マスコミ連合軍のメンバーは、日本国内では敵なし、総理も大臣も首に出来る権力を握っているかもしれにが、その力の遣い方を間違えて、肝心の国益を損なっていることには、気がつかないようだ。
 内にしか目が付いてない輩には、外が見えない。外メクラなのだ。

 円高は止まらず、株安も止まらない。経済は大ピンチである。
 折から、中国の軍艦が尖閣諸島に接近し、ロシアが日本列島を取り囲むようにして空中演習をしている。韓国も様々な対日戦略を仕掛けている。
 
 要するに周辺国から嘗められているのも国益を損なっている証拠だ。

 内輪の愚にもつかない争いを繰り返し、被災地を放置し、原発事故も収束できない、その目途も立てられない日本の政治の貧困は救い難いレベルにまで達している。



 

| - | 23:04 | - | - |